[salesforce][CI] Jenkinsとforce.comの連携

By |8月 22, 2012|CI, salesforce, |0 comments


force.com開発でもJenkinsと連携させて特にISVforceやforce.com OEM製品開発の継続的インテグレーション(CI)アプローチをとることが可能です。

目標を端的に言いますと開発メンバーがgitやsvnへソースをコミットするタイミングでApexやjavascriptの単体テストを走らせ、Jenkins(CIサーバ)からforce.comへデプロイし、テスト結果やカバレッジをXMLで取得しJenkins上にレポーティングします。

force.com開発はMigration Toolを使用するとantを利用してコマンドラインからforce.comへデプロイすることが可能です。(詳しくはアピリオさんの「Force.com移行ツールを使用したSalesforceメタデータのデプロイ」をどうぞ)

あとはデプロイ後にApexのテスト結果をレポート可能な形で取得できればOKなのですがant-salesforce-ciを利用して実現できます。(いつもながら有用なツールを公開していただける皆様へ感謝致します)

設定方法についてもう少し詳しく手順を記述致します。

  • $ANT_HOME/lib)へant-salesforce-ciのjarを配置
  • Jenkins Cobertura Pluginのパスに「target/sforceci/coverage.xml」
  • テスト結果の集計のパスに「target/sforceci/test-result.xml」

以上の設定で以下のようなレポーティングが可能です。

Jenkins&force.com連携カバレッジレポート

Jenkins&force.com連携単体テストレポート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です