[salesforce] Force.com SitesをCNAMEで独自ドメイン運用

By |10月 22, 2013|Force.comでWeb制作, salesforce, |0 comments


force.com Sitesで独自ドメイン運用すること自体は以前から可能でしたが、ドメイン管理機能としてSite.comなどのドメイン管理と統合されたことにより設定方法が変わりました。

基本的に独自ドメインのネームサーバにCNAMEレコードを登録し、force.com側へカスタムドメインとして登録する流れは変わりませんが、以前はforce.com Sites設定にあったカスタムドメイン設定がドメインのマスタ管理的な機能に移行しています。

それが[設定] > [管理者設定] > [ドメイン管理]で、新規に独自ドメインを登録したい場合は[ドメイン]の「ドメインの追加」ボタンから追加を行いますが、CNAMEレコードが浸透していない場合は以下のようなエラーになります。

エラーメッセージの通り独自ドメイン側のネームサーバに「[独自ドメインのFQDN].[組織ID].live.siteforce.com」へ向けたCNAMEレコードが設定されていること、更にそれが浸透していてforce.com側から引けてはじめてドメインが追加できます(つい先日までは組織IDなしの[独自ドメインのFQDN].live.siteforce.comで良かったんですが…)

つまり順序としては、まず独自ドメイン側のネームサーバへ上記の指示通りCNAMEを追加することから始まります。たとえばValueDomainがレジストラでネームサーバも同様の場合は、以下のようにCNAMEレコードを設定します(jpドメインの場合、組織IDが必要じゃなかった時のキャプチャなので今は組織IDを足してください)

DNS設定が浸透してforce.com側からも引けるようになればエラーなくドメイン追加されます。ドメイン追加されれば以下の画像のように追加されたドメインに「カスタムURL」を設定すれば設定完了です。

カスタムURL設定ではパスとサイトを関連付けれますので複数のルートドメインやサブドメインでの運用、ディレクトリを切ったようなパスでの運用など柔軟な設定が可能なように見えます。

参考: http://help.salesforce.com/HTViewHelpDoc?id=sites_creating_subdomain.htm&language=ja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です