[Salesforce] Trailhead キャンペーン 協賛企画 / 新人研修 で Trailhead をつかってみよう

By |4月 26, 2016|salesforce, Salesforce.com, Trailhead, |0 comments


trailhead_home
全世界190万人のSalesforce開発者の皆様(※1)、いかがお過ごしでしょうか、エンジニアの石川です。

突然ですが、ウフルでは4月に6名の新卒さんたちを迎えました。

春の訪れとともにフレッシュな雰囲気を社内に吹き込んでくれて、三十路社員は嬉しい限りです。

さて、新卒といえば、新人研修です。

新卒社員全員が Salesforce 開発者 になるわけではないのですが、ウフルでは社内システムとして Salesforce を使っているので、普段使うものの基礎を学んで、より便利に使えるようになって貰いたい! という想いのもと、新卒社員全員に Salesforce 基礎研修を行うことになりました。これはウフル初の試みでした。

新しい研修を行うには、カリキュラム作成や教材作成などいろいろなタスクが必要です。ウフルでも外部向けに提供している開発者向けの研修メニューがあるのですが、ガチすぎて、新社会人にはマッチしない内容でした。とはいえ、いちから企画・制作する余裕もなく.. というところで、Salesforce.com 公式の教材として提供されている Trailhead を利用することにしました。

Trailhead

Trailhead はオンラインで Salesforce.com のもつ製品群の機能を学習できるWebサイトです。トレイルとよばれるコース、モジュールとよばれる単元、プロジェクトとよばれるハンズオン形式の単元で構成されています。受講者は自分の職位やレベルにあわせて、自分の好きなコンテンツで学習することができます。ウフルでは新人研修用に、非開発者・非管理者の一般ユーザーがつかう機能に関係ありそうなモジュールを選んで使用することにしました。

さてそんな Trailhead、もちろん日本語で利用可能なんですが、各単元の末尾にある Challenge という練習問題が英語でしか提供されておらず、そこが日本人に使って貰うには少しハードルがあるのではないかと思っていました。

なので、ごく一部ですが日本語訳しました。gist に掲載しているので、よかったらご覧下さい。

各Webブラウザのリーディングモードで表示して、印刷すると、かろうじてちゃんとした資料っぽく見えるので、印刷してご利用ください!

開発者向けの Trailhead の利用については team spirit さんのブログ が参考になります!)

Tokyo Salesforce Developer Group

突然の告知です。Tokyo Salesforce Developer Group という Salesforce開発者のコミュニティがありまして、ウフルの面々も度々参加させて頂いています。meetup というWebサイトでコミュニティ主催のイベントの告知をしているので、よろしかったらどうぞ!

※1: Salesforce.com 調べ(2015)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です