[Force.comでWeb制作]Force.com SitesでWeb to Lead

By |11月 6, 2009|Force.comでWeb制作, |3 comments


通常Web to Leadのフォームを作るときは、既存の問い合わせフォームのformタグの内容をWeb to Leadから発行されたformタグに置き換えたり、formタグのaction属性で指定しているスクリプト内からWeb to Laedの送信先にPOST送信したり、なんてことをします。

このWeb to Leadの方法の一つとして、Force.com Sites上に問い合わせフォームを作ってそのページのVisualforceコントローラから直接リードに取り込む、っていうこともしたいと思って試してみました。

http://abeuhuru-developer-edition.na2.force.com/webtoleadstep1
ウフルの問い合わせフォームデザインを使った試したみた例。こりゃ便利。やってることは、以前書いたウィザード入力の要領でレコード保存先をリードオブジェクトにして、デザイン変えただけです。連携先は別にリードでなくても大丈夫なので、取引先でもカスタムオブジェクトでも連携できます。GAEやらAWSやらクラウドプラットフォームが賑わってますが、豊富で堅牢な既存機能を潤沢に使えるという点で、パターン化されたWebサイトをスピーディーに作るという意味では、Force.com Sitesを使ったWeb制作に可能性を感じました。

ドメインがhogehoge.force.comになるところだけが難点ですねえ。。これがクリアできればかなり提案先が増えそうなんですが。今後に期待。

3 thoughts on “[Force.comでWeb制作]Force.com SitesでWeb to Lead

  1. 藤岡

    うる覚えですいません。 間違っていたらすいません。
    >>hogehoge.force.com 
    は独自ドメインに変更できたと思います多分
    SSL(Https)の場合は無理ですが それ以外は可能だといっていたような・・。
    今回のバージョンアップから・・。

  2. 藤岡

    ECサイトなどを作るのは難しいと言うことでした。
    しかし 次回はバージョンアップでは解決しているかもしれませんね

    ※Winter’10のリリースではなかったかもしれません すいません
    先日行ったセミナーで言っておられました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です