Author Archives: 古城 篤

About 古城 篤

enebular.comの中の人, Node-RED User Group代表, 元営業マンのWebデベロッパー, 株式会社ウフルのCTOでクラウド八方美人, 当ブログでの執筆内容に関するメディアや書籍への寄稿及びセミナーや勉強会でのスピーカも積極的に受託しますので気軽にお問い合わせください, お問い合わせ -> https://uhuru.co.jp/contact/, プロフィールの詳細は -> http://uhuru.co.jp/sc/intv/intv04.html

[IoT][enebular][Node-RED][myThings] enebular/Node-REDとmyThingsの連携

By |9月 10, 2015|enebular, IoT, Javascript, Node-RED, Node.js, OSS, |4 comments

先週末、福岡のYahooさんのオフィスで開催された第4回九州IoT/M2M勉強会に登壇させていただきました。もちろんenebular/Node-REDとmyThingsの連携させた内容です。myThingsはYahoo Japanが7月下旬に発表した、アプリやサービスを組み合わせてアクションを起こすIFTTTのようなサービスです

Read More

[exacttarget] Fuel-Node-SOAPを使ってexacttargetのAPIへアクセスしてみる

By |5月 31, 2015|enebular, exacttarget, Javascript, Node-RED, Node.js, |0 comments

Node-RED/enebularのexacttargetモジュールでも作ってみようかなとnode.jsでexacttargetのAPIへのアクセスが楽になるライブラリを探してたらFuel-Node-SOAPというものを見つけました。直近で必要になるのが”QueryDefinition”というObjectへの操作だったのでコレで試してみます(他にもたくさんリソースあります -> Object一覧)

Read More

[enebular][Treasure Data] enebularを使ってTreasure Dataのクエリ結果をGeckoboardで表示してみた

By |4月 30, 2015|enebular, heroku, Javascript, Node-RED, Node.js, Treasure Data, |0 comments

今回はenebularを使ってGeckoboardというKPIダッシュボードサービスにTreasure Dataのバッチクエリ結果の反映を自動化させてみます。最初に全体の概略をまとめますと以下のようなイメージです。1.Treasure Dataで直近1週間のtweet数を日次集計する2.上記クエリ結果をHTTP PUTでenebularへPushする3.enebular上でGeckoboard用のデータ構造に変換する4.enebularからGeckoboardへPushする

Read More

[radian6] Radian6 APIについてまとめてみた

By |3月 31, 2015|Radian6, |0 comments

最近、radian6 APIの使い方について質問される機会が増えたので、そろそろブログにまとめておきます。radian6 APIで最初に躓くのはApp Centerの存在でしょうか。App CenterとはMarketing Cloud(exacttarget)のサードパーティアプリケーションやAPIインテグレーションのためのアプリケーションを作成する場所で今のところradian6のAPIを叩く場合もこちらで作成したアプリケーションが必要になります

Read More

[IoT][enebular][Sango] enebularと時雨堂さんのSangoでMQTTを気軽に試す

By |2月 17, 2015|enebular, IoT, |0 comments

今回はNode-REDをホストしたenebularと時雨堂さんのAkaneをホストしたサービスであるSangoを使って気軽にMQTT通信を試してみます。enebularもSangoもgithubアカウントでソーシャルログインできますので、まずは両方にログインします。Sangoのダッシュボードは以下のようになってると思います

Read More

[salesforce][Treasure Data] Treasure DataのResult exportにSalesforce.comが追加されたので試してみた

By |2月 12, 2015|salesforce, Salesforce.com, Treasure Data, |0 comments

Treasure DataのRelease Note 20150203にてTreasure DataのResult export先としてSalesforce.comが追加されました。これでTreasure Dataで集計した結果を直接Salesforce.comへpushできるようになりました。以下、Treasure DataのドキュメントとnahiさんのQiitaの記事を参考に実際に連携してみます

Read More

[IoT][OpenData][LinkedData] ウェアラブル時代のコンテンツ

By |1月 6, 2015|IoT, Open Data, |0 comments

新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。さて、年末年始は例年のごとく昨年と今年の技術トレンドを語るまとめ記事が流通しますが、どの記事でも取り上げているのが「IoT」ですね。昨年、私も僭越ながらSalesforce Developer User GroupのMeetupにてIoTについてスピーカさせていただきまして、その時に取り上げた内容はIoTの中でも「ビッグデータ処理」に絞ったものでした

Read More