[GoogleApps][Android]Google Apps Device Policy でAndroid端末のGoogleAppsセキュリティ管理

By |11月 1, 2010|Google Apps, |0 comments


Android2.2では企業向けのセキュリティ対策が充実しているようです。
参考:Android 2.2で企業向けセキュリティ対策

Google Apps Device Policy application ってやつを使うことで以下のセキュリティが実現できます。

  • リモートワイプ(盗難、紛失時に遠隔で端末のデータ消去)
  • オートロック(スクリーンセイバーのように、放置するとパスワードロック)
  • パスワード設定の強制
  • パスワード最低長の設定
  • 文字と数字を含んだパスワード設定を強制

早速Nexus Oneにインストールしてみました。
Google Apps Device Policyの使い方

アンドロイドマーケットで「device policy」で検索すると出てきますのでそれをインストール。無事ダウンロードすると、端末に設定しているGoogleアカウントから、Device Policyで管理するGoogleアカウントを選択して設定完了。
GoogleApps側から確認すると、ユーザアカウントの画面上でAndroid端末の情報とワイプボタンがでているのが確認できました。

ws000278

ws000279

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です