[salesforce] GoInstant API + force.com でブラウザ共有

By |12月 5, 2013|Javascript, salesforce, |0 comments


※GoInstantは2014/8/31にもってサービス廃止を宣言しました

Dreamforce’13 で発表された Salesforce1 API の中に GoInstant API というものがあります。 GoInstant とはブラウザ共有サービスです。

以下のフォームを別タブで開いて片方のタブのフォームを編集してみると、もう片方に編集内容がリアルタイムに共有される、というのが基本です。

Salesforce.com は昨年7月に GoInstant を買収し、このたび force.com とシームレスに利用できる Salesforce1 API として提供された模様です。

CRM にとってブラウザ共有サービスとの融合は何のメリットがあるのか?パッと思いつくのはユーザサポートでしょうか。

サービスや製品の申し込みや問い合わせフォームにサポートを要求するボタンやリンクがあり、それをトリガに顧客とサポート担当者の接続が確立され、 GoInstant を利用してチャットをしながらフォーム入力をサポートする、といった具合です。

もちろん最近では映像やデスクトップ共有など、よりリッチなリモートコミュニケーションを容易に実現するサービスやツールがありますが、こういったカスタマーサポートのシチュエーションでは顧客の心理的ハードルは高いです。

端的に言いますと、同じシチュエーションで「ボタンを押すと担当者とビデオ通話できます」とか「ボタンを押すと担当者とデスクトップ共有できます」とあっても、自分が顧客なら二の足を踏みませんか?

顧客の一切の素性を隠蔽した状態でサポートをリッチに向上させていくのは、こういったユーザ体験を重視したサービスなのかもしれません。

ちなみに上記のように一般的な Web ページで GoInstant を利用することも可能ですが Visualforce 上でも利用可能です。既に本家 Developerforce Blog で取り上げられていますので試してみると良いでしょう。

以下が Sites で公開されているデモです。フォーム下に表示されている Invite someone to the session URL を別タブ(もっと利便性を実感するには別マシン)で開くとブラウザ共有を体験できます。

まだ実現検証はしていませんが、もしかしたらAppExchange製品(特に操作が複雑で難解なプロダクト)に組み込んで製品上でのユーザサポート機能などに応用できるかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です