[enebular][heroku] node.js+Heroku Platform APIでHerokuアプリを作成する

By |12月 12, 2014|enebular, heroku, Javascript, Node.js, |0 comments


2014年11月22日にenebularをベータリリースしました。

こちらのサービスはユーザ登録すると自動的にHerokuアプリが作成され各ユーザに1つづつ割り当てられる動きになっています。

なぜHeroku buttonでやらないのかというとHerokuユーザ以外にも使ってもらいたいのと作成したHerokuアプリをサービス側で管理したいという理由です。

enebularはnode.jsで作っていてユーザ個別に作成するHerokuアプリもnode.jsで作られています。

つまり今回のエントリはnode.jsでnode.jsのHerokuアプリをHeroku Platform APIで自動作成するという内容になります。

まずはHeroku Platform APIのドキュメントを見ながらcurlでApp Setupをやってみます。

$ curl -n -X POST https://api.heroku.com/app-setups \
-H "Accept: application/vnd.heroku+json; version=3" \
-H "Content-Type: application/json" \
-d '{
  "app": {
    "locked": false,
    "personal": true,
    "region": "us",
    "stack": "cedar"
  },
  "source_blob": {
  	"url": "https://github.com/railsjedi/heroku-rails/tarball/master/"
  }
}'
{"id":"59ac2624-3254-4077-a161-2fdb3f432fd5","failure_message":null,"status":"pending","app":{"id":"f4371da2-6d31-4035-a344-551c4ebb6b46","name":"peaceful-coast-4013"},"build":{"id":null,"status":null},"manifest_errors":[],"postdeploy":{"output":null,"exit_code":null},"resolved_success_url":null,"created_at":"2014-12-11T18:34:39+00:00","updated_at":"2014-12-11T18:34:39+00:00"}

一見、成功したように見えますがstatusがpendingです。少し待ってみましたがアプリは作成されません…

結局よくわからないのでApp Setupで一気に作成するのは諦めました(personalだとダメとか?organizationアプリってのがよく解りません)

この後、割愛しますがApp, Dyno, Buildなどのリソースをcurlで利用したら思い通りの動きになりましたのでnode.jsで実装します。

node.jsのHeroku clientであるnode-heroku-clientを利用します(メソッド数珠つなぎでコールバック地獄に陥るのでPromiseで書きました)

このエントリはHeroku Advent Calendar 2014に参加しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です